訪問看護ステーション

Vision
最期までその人の意思を尊重する看護

エース訪問看護ステーション

訪問看護事業部 統括マネージャー 小菅美和

訪問看護の道 

訪問看護の仕事を選んだ理由

病院で忙しく働いているうちに、「もっと患者様ひとりひとりと向き合いたい」「最期を迎える方の役に立ちたい」と考えるようになりました。そんな中、山崎章著「病院で死ぬということ」永六輔著「大往生」を読んだことがきっかけで、ホスピス病棟で働きたいと思うようになりました。
当時、ホスピス病棟で働くには入職し、一般病棟を2年以上経験してからようやくホスピス病棟への異動資格がもらえるというものでした。
ホスピスへの気持ちが募る中、ある講演会で「ホスピス在宅」というものがあることを知り、「これだ!」とその道に進むことを決意しました。

患者様の想いを叶える

医療者と患者様、介護者をつなぐ

私が訪問看護の仕事をする中で一番大切にしていることは、ご本人、ご家族の意思を尊重し、希望を叶えてさしあげることです。過去に勤務していた病院では、最期まで入浴をしたいと望んでいても「血圧が低い」という理由で叶えてあげられないことや点滴を拒否していても医師の指示である以上、当然だから行わなければならないなど、患者様の希望が通らないことがよくありました。しかし、在宅医療では、ご本人の意思を尊重してくれる医師が多く、医療に対しても選択肢を持たせてくれます。また患者様の想いを叶えるためには、「医療・介護」の連携が必要になります。それを「つなぐ」ことも大切な仕事なのです。それを整え、最期までその人らしい生き方を支えることが看護だと思って日々精進しております。

訪問看護師に求めること

「人の気持ちを大切にしてあげられる感性」

看護の難しいところでもあるのですが、看護をする側が良かれと思ってする行為も、本人が望まなければ「お節介」になってしまい、援助されることが苦痛になってしまいます。訪問時間内に状態がどう変化するか予測し、その患者様の今後のために何が必要か考え、ご本人、ご家族と話し合い援助しなければなりません。相手の気持ちを確認して行動することが必要です。また他の事業者の思いを組み込むことも訪問看護師に求められることだと思います。例えばヘルパーさんが困っているときに気軽に看護師へ尋ねられる環境を作っておくことが結果として患者様が自分らしい人生を送るための援助につながると考えております。

訪問看護の展望そして自分自身

「エースに頼めばなんとかなる」

当社【エフケイ】は〝訪問看護ステーション″に「看護師」「理学療法士」、〝エース薬局″に「薬剤師」、〝ドラッグエース″に「登録販売者」「栄養士」、グループ会社の〝カーブス″に「フィットネスインストラクター」と地域の健康を守る資格者やアドバイザーがたくさん在籍しています。地域にお住いの皆様にどんな角度からでも様々な貢献ができます。今後は更にエリアを広げながら訪問看護ステーションとしての役割だけではなく、地域の相談場所として『エースに頼めばなんとかなる』と言っていただけるように発展させていきたいと思っています。
また私自身は、困ったときに顔を思い出してもらえて、相談した人に安心を与える存在でありたいと思っています。
それには日々の訪問看護において患者様の想いを聞き、関わった方すべての人が最期まで自分らしく生きるお手伝いをし続けていきたいと思います。
そして同じ思いを持つ〝訪問看護師″を育成していきたいと思っています。